音楽スクールを、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

音楽スクール.Starting.jp >  道具についてのアドバイス

音楽スクールの先生が、「何をそろえればいいの?」に答えます。

道具についてのアドバイス

188 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

(ウダベーススクール 講師 宇田 憲明)

 

楽器はまずはスタジオにあるドラムで十分です!
スティックに関しては好みがあるので最初のレッスンではこちらで用意するので試してみて相談して決めましょう!
参考までに僕はビックファースというメーカーの5Aのサイズを愛用してます!(ドラムスクールin the groove 講師 山蔭 亮)

 

ギター、特にエレキギターを演奏するにあたって必要なものが幾つかあります。
もちろんエレキギター、そしてアンプ。さらに小物で言えばピック、シールド、エフェクター・・・・
アンプ・ピック・シールド・エフェクターその他の道具については皆さんが必要になった時にレッスンで色々と提示していきながら皆さんに実際触ってもらいながら皆さんに本当に必要な物を一緒に考えていきましょう!

それでなんといってもギター。
これはもう皆さんおわかりの通り楽器店に行っても、形状・色・木の種類・値段・ブランド・・・・・・
様々なものがあるかと思います。

ギターは、特にエレキギターは全ての楽器の中で最も色んな製品が売られているかもしれません。

そこでエレキギターの購入を考えている初心者の皆さんにアドバイス。
“自分の好きなものを買おう!!(笑)”
これです(笑)

無責任ではありません。
自分の好きなギターを買う事が上達に繋がるのです。
なぜか?
それは、自分が気に入ったギターを鳴らすのはとても楽しいからです!
自分が、見た目がダサい・色が好きじゃない・サウンドが好みでない、そんなギターにはいくら値段が高くてもあまり入れ込めませんよね?
ギターは弾けば弾くほど体の一部となってきます。
まずは自分が納得した色・形・サウンドのギターを手にする事が大事だと思っています。

そして段々と色々なテクニックや知識を身につけ、必要なサウンドが出てきた時には僕が相談に乗ります!
(ミラクル☆アシスト・ギタースクール 講師 長屋 大輔)

 

必要なものはと言えば、まずは何をさておきドラムスティックです。

初心者の方ですとどんなスティックが良いか、なかなか分からないかも知れませんね。
そういう場合は、色々なスティックメーカーがありますが、最も標準的というかオールラウンドに使えるスティックとして、スティックメーカー各社に大体ラインナップされているものとして「5A」という名前がついたものがあります(どれだかよく分からない時は楽器屋の店員さんに聞けば教えてくれると思います)。

スティックを選ぶ際、楽器屋さんでまずはその「5A」というモデルのスティックを振ってみて、少し重いなと感じたら、それより細くて軽い「7A」というモデルがありますし、逆に軽く感じたら少し太めの「5B」というモデルもあるので、スタンダードなモデルの基準として、「5A」を中心に考えれば良いと思います。

それ以外にも様々なタイプのスティックがありますし、もちろん好きなドラマーが使っているからという理由で、その人と同じモデルのスティックを使うのも全然アリだと思います。

色々と書きましたが、ドラムを続けていくうちに好みのスティックも徐々に分かってくると思うので、最初はインスピレーションというか感覚的に選んでしまっても良いと思いますよ。

あとは、日本の住宅事情だと家でドラムセットを鳴らせる人は殆どいないと思うので、自宅での練習用に、ラバー製のトレーニングパッドがあるとなお良いですね。
これ一つあるだけでかなりの基礎練習は出来ますよ。
これも楽器屋さんに行くと色々置いてあるので、自分で試してみて気に入ったものを選べば良いと思います。

その辺りの疑問点も、レッスンの際に質問して頂ければ丁寧にお答えいたします。



(ドラムを楽しく上達スクール 講師 須郷 史人)

 

(浅井エレキベース教室 講師 浅井 雄作)

 
188 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

これからはじめる方必見!!

初心者の方へ

みんなはどう思ってるの?

レッツ投票!

音楽スクールに通おう!あなたはどの楽器?

結果を見る>>

音楽スクール検索